« 履修計画:冬のレポート締め切りを受けての今後の予定 | トップページ | ココログのリニューアルまでもうすぐ »

2019年3月 7日 (木)

履修計画:卒論スタートは半年先送りになりました

卒論が残念な状況になってます。

私の論文構想が認められず、半年後に再提出となってしまいまいた。

そういえば当ブログではあまり卒論について書いてませんでしたので、ちょっとまとめておこうと思います。

慶應義塾大学通信教育課程では、卒業論文の作成が、卒業のための必須条件となっています。

いまどきの大学では、卒論を書かなくても卒業できるところもあるという話ですが、慶應通信ではそうはいきません。

では、卒論指導の仕組みはどうなっているのか。

慶應通信では、卒論指導は年間2回だけ受けられることになっています。そして、最低3回は卒論指導を受ける必要があります。

ただし、その卒論指導の最初の1回ににたどり着くのが、想像以上に面倒でした。今回、それを身をもって体験しました。

卒論指導を申し込むためには、まず、卒論指導登録の条件を満たさなければなりません。ここは比較的ハードルが低いです。

その後、卒論指導を申し込むための書類の作成が必要になります。具体的には、論文構想を自分で作ります。

とても面倒だと感じたのは、この、論文構想を作るための指導は受けられない、という点です。

「卒論指導を受けるために、論文構想はこんなことに注意しながら作ってください」というような資料は準備されます。

その資料を確認し、自分が卒業論文で書いてみたいことを鑑みて、論文構想を作ります。

その論文構想に何を盛り込むべきかは、箸の上げ下げの指導のごとく、こまかい仕様があらかじめ準備されてます。

それに則って、自分で卒論のための資料も探し、準備し、論文構想を書きます。そして、規定の卒業論文指導申込期間の間に、論文構想を提出します。

論文構想はWordなどで作りますが、卒業論文指導申込のフォーマットも別にあり、そちらもいろいろ細かく埋めます。入力を済ませ、論文構想を添付し、送信すれば申し込みは完了です。

無事に送信されると、今度は大学側による論文構想の審査となります。

今回は、その審査により、落第。再提出となりました。

では、何を審査されたのか。

大学の論文として適正かどうかはもちろん、在学する学部とそのジャンルとの整合性があるのかについて、審査されます。

実は、私はこの段階で落ちました。

「現在検討中のテーマは、志す文学部の学問のテーマにあらず、想定する思想家、先行研究も関連性が低い」

とのことで、門前払いとなりました。要するに文学部の卒論にはならない、という判断でした。

仮にこの段階がクリアになっても、次の審査があります。

どんなにでかい大学であっても、どんなジャンルの研究が好きなようにできるというわけではありません。所属する指導教員の専門性の問題により、指導できる人がいないというケースがあります。その場合にも、落第、再提出となります。

以上のように、指導教員との面談にたどり着くまで、かなりハードルが高いというのが、実体験でわかりました。

正直言いまして、卒業論文指導申込をするにあたって、卒業論文構想を書く部分は、卒論活動ではないと思い込んでいました。

こんなもの書きたいです。いかがでしょう? という漠然としたものをぶつければ、とりあえずは指導教員との面談には行けるものだと思ってました。

今回の再提出という結果を受けて、改めて卒業論文に関して、論文構想から真摯に取り組まねばならないものであるということがわかりました。

とにかく、文学部の学問分野であること、ちゃんと指導教員が割り当てられるような論文であることが重要なようです。

なので、あらかじめ自分が書きたいと思っていたことが、たまたま指導教員に恵まれるようなジャンルだったケースを除いて、必ずしもこだわってはいけない、ということもわかりました。

こだわりすぎると、自分の居場所でなくなる可能性も出てきます。

先ほど、卒論指導は年2回受けられると書きましたが、再提出になるということは、それ以降のスケジュールがすべて半年先送りになるということでもあります。

とりあえず、目先のスケジュール、5月の卒論指導の日程がなくなり、次の論文構想提出が最短で7月15日、締め切りが8月15日ということで、少なくとも7月試験までは目先のテキスト履修に専念することになりそうです。

とはいえ、生半可な論文構想では面談にもたどり着けないので、今から8月中旬までの約5か月、頭の片隅に改めて文学部としてどのような論文を書くべきか、少しでも考えておく必要もあるのでしょう。

今回の論文構想再提出により、卒業自体に赤信号が灯っていますが、腹をくくって、引き続き頑張っていこうと思います。

« 履修計画:冬のレポート締め切りを受けての今後の予定 | トップページ | ココログのリニューアルまでもうすぐ »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。