« 履修計画:4月試験を終えた時点での今後の予定 | トップページ | NGT48の件 »

2019年4月18日 (木)

いまいち使い慣れないココログ新エディタと、Twitterとの使い分けの仕方など

ココログの入力エディタのデフォルトがリッチテキストになってしまい、それが変更できないとか、がつがつ自動でタグが入る仕様になっていろいろ戸惑ってます。

※変更するオプションを発見しました。

ついでに言うと、本文は分割という概念でなく、追記というタブになってしまったのも違和感ありまくりです。

以前のインタフェースに戻せないのなら、慣れるしかないのでしょうね。

何度も繰り返すことになりますが、やはりTwitterの気軽さが心地よいです。

瞬発的に、思いついたことや、感想をつぶやいて、おしまいです。

Twitterは、マイクロブログとも呼ばれており、ブログの一種とも考えられます。なのでTwitterを更新できるということは、ブログも更新できるはずなのです。

もちろん、ブログはまとまった文章を書く必要があるため、そのまとまった内容を作るのが大変なのですが。

今は、そのまとまった文章を作る訓練を、学業を通じてやってるわけですけど、レポート提出を繰り返すたびに、原稿用紙10枚程度(4000文字)を書くのがこれほど手間であり、苦労し、大変なのかが身に沁みます。

ましてや、レポートは基本、添削指導者のみに見せればよいだけのものですが、ブログは、場合によってはもっと多くの人が見るものです。出版メディア寄りのものです。

ほとんどの場合、何も反響がないのですが、人によって何か感じるものがあるとき、そのテキストはバズります。多くの人に読まれます。賛否両論が渦巻く状態にもなったりするでしょう。

まぁ、コメント欄を閉じるとか、エゴサーチしないようにするとか、反響に耳をふさぐ方法もあるのですけど。

とにかく、Twitterは、瞬発的に軽めの話題を。

ブログは、もう少しまとまった文章を書きたいときに。

以上のような使い分けになるのでしょうね。

もっとも、まとまった文章ってのもさまざまで、PR法、PREP法でまとめる簡単なものから、それこそレポートの規模で、参考図書を複数使って序論本論結論を述べる論述までありますから、どのレベルの文章にするのかによって、更新頻度も変わってくるでしょうね。

自分で問いを立てて、4000文字程度の文章に仕上げるのを、1週間に1本程度できるようになれば、これはすごいことだと思います。現在続けている学業を卒業した後の目標にしたいです。

« 履修計画:4月試験を終えた時点での今後の予定 | トップページ | NGT48の件 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。