« 新語・流行語大賞ノミネート30語のうち、知らないのは何語? | トップページ | 履修計画:1月試験向けレポート締め切りを受けての今後の履修方針 »

2019年11月16日 (土)

日本レコード大賞は米津玄師さんを無視できない

日本レコード大賞のノミネートが発表されました。

ノミネート状況を見た感想をつらつらと書いてみたいと思います。布施明の大賞受賞以来、毎年レコード大賞をテレビで追い続けているファンとしての視点です。

「帰り道は~」のほうが好きな曲なんですが、エントリー期間の都合上、今年発表された曲でのエントリーになりました。

この曲だとすると、素直に3連覇としていいのか疑問です。もっとも、これまで3連覇以上を果たした浜崎あゆみさんも、EXILEも、受賞曲が3曲にもなると賛否が残る受賞曲があるのは仕方のないところです。

私は、今世紀に入ってから今年で20回目のレコード大賞になるのですが、その間の大賞受賞歌手が実質10組しかいないというのは、正直いかんのではないかと考えます。よほどのことのない限り、大賞受賞は1回、しかも連覇以上は特例中の特例にしないと、記憶のみでなく記録として残しておくべき楽曲が埋もれてしまう可能性があります。

ただ、いちファンがうだうだ行ったところで、今年に関してはほかに確実に乃木坂46を差し置ける人たちがいるのか、というと・・・どうもいるようです。

子供たちの間で大絶賛流行中。見方によっては社会現象な「パプリカ」です。たまーにバラエティ番組などで「パプリカが流れると踊り出す子供たち」を見るたびにすげーと思います。

これ、普通の人は納得いかないと思いますけど、長年レコード大賞を見ていると、数年間の活躍に報いるような形で大賞受賞が決まると思われるケースがあるのです。DA PUMBの1年遅れの大賞受賞は、可能性があると思ってます。

レコード大賞は以上のように注目してますが、そのほかの賞で気になる点についても触れておきます。

まず、新人賞ですが、今年はついに、エントリーした4組がまったくの予備知識なし、という状態になりました。誰ですかこの人たちと、検索せねばならない状況でした。

アルバム賞ですが、最優秀賞にTHE YELLOW MONKEYの「9999」が選ばれてますね。これはすばらしい。

アルバム賞に、矢沢永吉さんの名前があるのが意外です。ただ、年末に番組出演されるかどうかは不明。たまに紅白に出たり、直近ではついにMステにも出演してますから、あるかもしれません。あと、アルバム賞にあいみょんとKING GUNが入ったのがよかったです。

特別賞に、菅田将暉さんと米津玄師さんの名前があります。大賞ノミネートのFoorinのことも併せて考えると、ここ数年の米津玄師ブームを、なんとか受賞に反映させたいというふうに感じます。本来なら米津玄師さん本人によるレコード大賞があればいいのですが、もしかしたらそれは辞退した可能性があります。折衷案としての特別賞だと思います。

そのほかで私がうれしかったのは、森口博子さんの企画賞受賞です。

ガンダム主題歌でデビューし、キャリアの途中がバラドルだったのが、ガンダムの映画主題歌で歌手として再注目され紅白出場。その後も活動を続け、去年、ガンダムの歌のNHKアンケートで上位進出して改めて注目され、ついにはガンダムの曲でアルバムを作り、レコード大賞の企画賞です。

記憶では、新人時代の新人賞はもちろん、まったく賞レースに縁がなかったのではないか? 本当に良かったと思います。

長くなったので最後に一つだけ。

今年、ジャニー喜多川さんが亡くなりました。多くのジャニーズタレントをプロデュースし、音楽業界に貢献してきましたが、そのような、年度内に亡くなった功労者を表彰する、特別功労賞に、ジャニー喜多川さんの名前がありませんでした。

レコード大賞として受賞に値しないという判断だったのか、それともジャニーズの慣例として受賞を辞退したのか、どっちか知りたいです。

« 新語・流行語大賞ノミネート30語のうち、知らないのは何語? | トップページ | 履修計画:1月試験向けレポート締め切りを受けての今後の履修方針 »

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。