« 新年のご挨拶・2020年 | トップページ | 気になるお金の話題を集めてみました(2020/01/12) »

2020年1月 4日 (土)

レコード大賞は米津玄師さんの作品でした

すでに5日ほど過ぎてますが、今回のレコード大賞受賞曲にはびっくりさせられました。

Foorin(フーリン)の「パプリカ」でした~。

自分の中では、子どもたちのハートを鷲掴みにした、ある意味社会現象ともいえるブーム自体は認識していましたけれども、レコード大賞審査員が大賞受賞させるかに関しては確信できませんでした。

本当にびっくりでした。これは、作詞・作曲・編曲・プロデューサーである米津玄師さんの、現段階での業界での評価が高いことも表していると思います。

さて、米津玄師さんは、いつごろから一般に知られるようになったのでしょう? 

ボカロなどになじみのある人たちにとっては、ハチ名義の曲から認知されているでしょうが、よりライトな音楽ファンにとっては、2017年にリリースされた、DAOKO×米津玄師としての「打上花火」からではないか。

そして、2018年新春ドラマの主題歌であった「LEMON」。こちらはその後、年をまたいで聞かれ続け、Youtube再生回数はとうとう5億回を突破したとのこと。さらにカラオケリクエストでもその勢いは止まりませんでした。

2019年は、Foorin「パプリカ」、菅田将暉さん「まちがいさがし」への楽曲提供、本人も「馬と鹿」をリリースするなど、どれも話題となりました。

米津さん本人は、テレビでの露出はまったくなかったように思います。ただ、レコード大賞ですとか、嵐の楽曲「カイト」が紅白歌合戦で紹介されたときに、ビデオメッセージを出していたりしました。

本人自体は謎めいていますが、楽曲のパワーによって多くの人に知れ渡り、今回、レコード大賞を受賞するに至ったのでしょう。

なお、受賞時、Foorinは子どもグループなため、放映時間の都合により大賞受賞歌唱は序盤で演じられたものの録画放送でした。大賞受賞歌唱がビデオだったのは、Mr.Childrenが「innocent world」で大賞を受賞したとき以来の珍事です。なお、ミスチルは当時、レコード大賞へのライブ出演もしておらず、Foorinはライブ出演をしていただけマシかもしれません。

レコード大賞は、もともと、楽曲、歌唱した歌手、および周りのスタッフに贈られる賞です。したがって、近々の音楽のトレンドで考える限り、今回のレコード大賞受賞は、実質的に米津玄師さんが受賞したと考えてよいかと思います。

で、今後ですが、米津玄師さんがレコード大賞を取ったのですから、他にもたくさん、レコード大賞を受賞してほしい人たち、候補が浮上してきます。

もちろん、年度を代表するだろうな、という曲が現れることが前提ですけど、新世代の歌手たちが、ぜひ、レコード大賞に参入・挑戦してほしいと思います。

« 新年のご挨拶・2020年 | トップページ | 気になるお金の話題を集めてみました(2020/01/12) »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。