« 論文執筆を学んだことによるブログ執筆へのデメリット | トップページ | 履修計画:1月試験結果により、今後は卒論のみに専念できそうです »

2020年2月19日 (水)

5年ぶりに電子辞書を買い替えた件

通信大学生活も、いよいよ4月から6年目に突入します。

もうすぐ、1月科目試験の結果発表があり、その内容次第で、2月下旬以降の通信大学生活が大きく変わります。

とはいえ、あと最低でも1年半、計画がずれると2年以上、通信大学生活を続ける必要があります。

勉教道具として大学入学当初から使っていた電子辞書が、いよいよ5年以上昔の型落ち品になってしまいましたので、このたび、最新モデルに買い直すことにしました。

実際に買い直して、まだ1日程度しか過ぎていませんが、その感想を述べてみたいと思います。

購入したのは、カシオの電子辞書です。2020年春モデルです。

まず、画面は明らかに大きく、鮮明になりました。

本体は、ざらざらした表面で、持ったときの手触りが明確に違います。手から滑りにくい感じでしょうか。

以前のモデルは、音声出力に関してスピーカーとイヤホンを切り替えるのにスイッチ操作が必要でしたが、最新モデルはイヤホンを接続するとそちらに自動的に変わります。

内蔵された辞書データは、のきなみ2018年~19年のものに入れ替わってますが、辞書自体が更新されてない場合があり、そんなときは以前のモデルと同じものが収録されているケースがあるようです。

私が購入した電子辞書は、英語特化モデルですので、英語関連の辞書やコンテンツが多めになっています。

操作を始めて気になったのは、音声ボタンがなくなってしまった点。厳密には、タッチパネルの横側に移動したのですが、けっこう重要なボタンがタッチ操作へ誘導されてしまい、私にとってはちょっと慣れるまで面倒です。

そのほかは、あまり変わらない印象でしょうか? 

1つだけ、本当に残念だった点を書いて、終わりにしたいと思います。

カシオの電子辞書では、以前のモデルではネイティブ音声データが収録されてない単語のために、合成音声による読み上げを行う機能がありました。

しかし、最近のモデルでは、ネイティブ音声データや、読み上げ音声データの収録を大幅に増やしたかわりに、合成音声による読み上げ機能を省いてしまったと思われます。

合成音声による読み上げを使えば、ネイティブ音声データのない単語を読み上げたり、節や文を一括選択して読み上げたりすることもできました。それが、少なくとも現段階ではやり方が見つかりません。

PCなどでグーグルの機能を使ったり、iPhoneなどでも読み上げ機能があったりする時代において、カシオの電子辞書でその合成音声での読み上げ機能をなくしたと思われる点は、残念に思いました。

« 論文執筆を学んだことによるブログ執筆へのデメリット | トップページ | 履修計画:1月試験結果により、今後は卒論のみに専念できそうです »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。