« パンデミックによる経済停滞がやっぱり心配だ | トップページ | 緊急事態宣言は 延長戦? それとも無期限? »

2020年4月29日 (水)

自粛緩和のためには混雑解消とマスク義務化が必要か?

新型コロナウイルスによる感染症の世界的大流行真っ只中です。全世界的には患者数が300万人を超えたそうです。

一方で、患者数、死亡者数がピークを打ったと判断し、全世界的には徐々に経済活動を再開しようという機運も高まっています。

当然ですが、オンオフスイッチを一気に切り替えるがごとく、新型コロナが流行する以前の生活にすぐに戻せる、ということはないでしょう。

アフターコロナはどうなるんだろうな、と思い、自粛解除後はどうなるのだろう、どうすべきだろうということをいろいろ考えてみました。

まず、ソーシャルディスタンスをキーワードとして、過度な混雑は避ける方向性になると思います。

公共交通、映画館、コンサート、セミナーや大学講義などは、1席あたりの間隔を十分に広くすることになるでしょう。
飲食店も、これまでは4人で座るような座席に1人づつ座るようになるかもしれません。
混雑を避けるために、そして少人数でも利益を上げるために、交通費が、入場料が、飲食代が値上がりすることも考えられます。
外出できる人は、それなりにお金を使える人だけになり、そのほかの人は、自宅でテレビや動画を楽しむだけとなり、ひとりで過ごすことが当たり前になっていきそうです。

次に、鼻から下、口元を隠すファッションが一般化する。もしかしたら義務化されるかもしれません。

これまではマスクでしたが、フェイスガードという形で飛沫防止用のウェアが出てくるかもしれません。
これは、イスラム圏ではニブカとかヘジャブで対応可能でしょう。欧州の感覚では屈辱でしょうね。
また、日本でも忍者とか、目の下を隠す衣装になじみがあります。
有名アパレルが、今年の流行のフェイスマスクなどを売り出すようになるかもしれません。

他にもいろいろ考えようとしましたが、見出しが立たなかったので、ここまでにしておきます。

新型コロナウイルスによる感染症の実際の死亡率は、確定していません。いまのところおおざっぱには、感染しても軽い症状であり、本来は自宅療養で直るはずの病気です。ただ、2割くらいの人が重症化し、入院して経過を見なければならないところまで悪化するようです。

実際に亡くなった人たちの状況がもっと分析され、どのような治療法が有効で、今後どのくらい致死率を下げられるかが重要なのでしょう。

日本国内において、直近の感染確認者数、死亡者数を見る限り、毎日の死亡者数がいまだ上昇を続けているのが心配です。死亡者数が頭打ちとなり、減少傾向が見えてくると、いよいよ緊急事態宣言の解除が見えてくると思います。ただ、さすがに5月6日に全面解除されることはなさそうですね。

« パンデミックによる経済停滞がやっぱり心配だ | トップページ | 緊急事態宣言は 延長戦? それとも無期限? »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。