« トランプ氏退任。バイデン氏が新大統領へ。 | トップページ | 英検サイトが英語多読教材として意外とよいと思えた理由 »

2021年1月28日 (木)

オリンピックをやめる理由はいくらでもあるがやる方法を考え抜くことは重要

東京オリンピック&パラリンピック(以下東京オリパラ),どうなってしまうのでしょうね。

1月22日に,英国のタイムズより,日本政府が東京オリパラの中止を非公式に決定し,そのために動き始めている,かのような報道がなされました。

その後,政府や東京都はこの報道を否定しました。ただ,多くの人が上記のニュースが出たときに,やっぱりね,とか,仕方ないよね,とか,思ってしまったのではないか,と感じます。

産経新聞&FNNの世論調査によりますと,中止やむなしが過半数を超えていて,感染対策を徹底して予定通り開催できると考えているのは,たったの11.3%です。

正直にいいまして,私も現段階では,東京オリパラが中止という判断になっても仕方がない,と考えてます。日本国内の感染状況は欧米に比べるとましな状況ですが,このましな状況でも医療が緊迫しており,実際に入院できずに亡くなっている人々が出始めていることを考えれば,半年後のビッグイベントが開催できるという想像は働きません。

ですが,その一方で,こんな状況だとしても東京オリパラ開催に執念を燃やしている人たちがおり,淡々と開催に向けて業務を進めている人々もいます。

IOCのバッハ会長は,現段階で東京オリパラの開催について,IOCとして安全ではないとは考えていない,危険であれば開催を目指さない,としました。根拠は,現段階でも世界各地で大規模なスポーツ大会が開催できているから,ということです。

日本政府も,観客をどうするか,という点で動きがありました。

最悪無観客もありうるでしょうが,国内在住者だけでも観客を入れようというアイディアです。

少なくとも,去年3月下旬の段階で中止を決めていたなら,今,こんなに東京オリパラ開催に苦しまず,新型コロナ感染症対策にもっと専念できたのでは,という思いもあります。

しかし,新型コロナ感染症の流行から2年目を迎えるにあたり,その治療方針の確立,ワクチンや治療薬の研究,感染対策の知見が積みあがっており,状況が違います。たしかに2月を迎えようという現段階,北半球が冬で感染が爆発している状況ですが,ここから今後,感染が収まり状況が好転していくことを見越し,東京オリパラを開催する前提で物ごとを進めよう,というのは,まさに政治決断でしょう。

この1~2か月が正念場でしょう。去年は3月24日に延期が発表されています。それまでに,正式にどうなるか決めるのでしょう。そして関係者は,中止やむなしとあきらめるのではなく,開催できる方法を考え抜くのでしょう。

« トランプ氏退任。バイデン氏が新大統領へ。 | トップページ | 英検サイトが英語多読教材として意外とよいと思えた理由 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。