« 動画メディア,音声メディアについて思うこと | トップページ | ジャニーズタレントの世代交代,新陳代謝,進む »

2021年3月 6日 (土)

一都三県,緊急事態宣言延長いつまで?

昨日,緊急事態宣言の延長が正式に決まりました。

とはいえ,前回の緊急事態宣言に比べれば,まったく緩い状況だと思いますので,そんな緩い状況で感染者数が下がり切らないってのは,そうですよね,という感想が出てしまいます。

テレビのニュースなどを見聞きしている限り,テレワークなどはほとんど進んでおらず,可能な限り普通に出勤している人たちのほうが多数でしょう。去年のように,通勤時間帯に電車がガラガラという状況にならなかったように思えます。

また,映画など,「シン・エヴァンゲリオン」の公開こそ延期になりましたが,それ以外の映画は普通に公開されており,緊急事態宣言を配慮して行動制限したのは,結局のところ夜の飲食店くらいだったのではないでしょうか?

私自身はといえば,フリーランスの立場を活かし,学生生活大詰めでもあり,不要不急な外出をせずに済む状況を作っています。そんななか,某ショッピングモールのポイント期限が迫っていて,そのポイントの使用を促す宣伝メールが届いた時には,「いや緊急事態宣言中なんですけど」とがっかりしてしまいました。

また,今回2週間の緊急事態宣言延長に付き,千葉県知事選挙,千葉市長選挙が,緊急事態宣言下で行われることになりそうです。そのために特別にどうするのかとか,現段階ではよくわかりませんが,普通にソーシャルディスタンスに「気を使いましょう」,そして「マスクを付けましょう」程度の対策で済ませるのではないかと思います。

現状は,緊急事態宣言慣れという状態が起こっており,宣言はなされているけれど重要で急ぎの外出は普通にしてもいいのでみなさん普通に出かけている感じでしょう。

それでも,日々の感染者数,死亡者数は,じわりじわり少なくなっていたのですが,ここへ来て,減少幅が少なくなり,改めて上昇するのではないか,という気配もグラフの上から見て取れるのは確かです。

緊急事態宣言を続けなければならない,という判断は,これを仕方ないとするならば,では,緊急事態宣言下で東京オリパラは開催できるのか? そろそろ本格的に心配になってきました。

全世界的に見れば,日本の新型コロナ感染症の流行状況は,かなり患者数,死亡者数は少ない状況で推移しているはずなのですが,感染者はゼロのほうがいい,安全安心信仰などにより,かなり窮屈な状態になってます。

新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長によりますと,新型コロナ感染症の収束は,ワクチンが浸透し,今年の冬に再流行し,年を越えてインフルエンザと同じような感覚で病気を迎えられるようになったときだ,と述べたそうです。

もしかして,その収束まで緊急事態宣言が首都圏のみ,続くのでしょうか? 宣言の意味がなくなるような気がします。

« 動画メディア,音声メディアについて思うこと | トップページ | ジャニーズタレントの世代交代,新陳代謝,進む »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。