« 東京五輪は,緊急事態宣言下での無観客開催が決定! | トップページ | 東京オリンピック本格スタート »

2021年7月15日 (木)

ディズニーリゾートの人数制限各5000人程度は本当か?

学業に関しては,卒業要件に対して必要な全単位を獲得し,卒業論文を提出するという区切りを迎え,卒業試験まで比較的日程にゆとりのある日々を過ごしています。

そこで,卒業論文提出記念として,泊りがけで遊びに行きました。

ただ,東京都ではいまだに緊急事態宣言中,近県ではまん延防止等重点措置中だったのが残念です。これまでかなり外出に関しては自粛してきましたし,せっかくディズニーランド&シーの入場券が入手できたので,人数制限5000人程度だというのを信じて遊びに行くことにしました。

当ブログを隅々まで読んでいる方は気づいているかと思いますが,地元自治体から,県外に出ずに出かけられるのがよかったです。

無事に帰って来たのですが,数年ぶりのディズニーリゾート,ウィズコロナのディズニーリゾートを満喫してきたのですが,いくつか不審な点もありました。本当に人数制限がランド,シーそれぞれ5000人程度だったのか? という点です。

2日にかけて,ランド,シーそれぞれの入場券が手に入ったので,2泊3日の旅程を組んで,前泊ののち,2日目にランド,3日目にシーを楽しんで帰宅することにしました。

それぞれ,楽しかったです。

しかし,多少の違和感がありました。

初日は宿泊のみで,2日はまず,ディズニーランドへ向かうことにしました。そこへ向かうモノレールの車内から,ディズニーシーの入場者の行列は,度肝を抜きました。

平日の,まだ夏休み前のはずなのに,あんなに行列が~。

一方,ディズニーランドの入場はとてもスムーズでした。待ったという自覚がないほど,スムーズに流れて,ストレスなく入場できました。

ランド内では,ほとんどのアトラクションが待ち時間5分程度,そしてたまに15分のものがある程度でした。

そして,いつもなら抽選で絶対に当たらないショーのたぐいにも当選して,見ることができました。

2日目のディズニーランドでの体験は,ちゃんと密を避けるのに十分な混み具合だったように思います。

3日目のディズニーシーは,前日の入場時の行列を見たときには,今はもしかしてシーの方が人気があるのかな? くらいにしか思ってませんでした。

ディズニーシーでは,とにかく入場時の行列が長かったです。列に並び,入場できるまで,40~50分はかかったでしょうか。

そして,正直に言いまして,かなりの混雑でした。水上ショーなどが行われているときの混雑は,たしかにコロナ前の普通に入場できていた時期と比較すると少ないと思いましたが,要所要所では明らかに密でした。30分待ちのアトラクションが3~4か所あったようにも記憶しています。

ほぼ閉園時間まで楽しんで,たまたま地元に高速バスが開通していたので,帰宅にはそれを利用しましたが,それを待っている間,いろいろな違和感をさらに感じてしまいました。

私自身は,地元自治体内の,県境を越えない移動でしたが,明らかにそうでない高速バスが,多数,目の前を,そこそこの乗客を乗せて通過していきました。

横浜駅行きであったり,たまプラーザ行きであったり。もう,県境を越えるとかどうとかは,あまり関係ない人たちが増えてるのでしょうか?

そもそも,ディズニーランドでは感じませんでしたが,少なくともディズニーシーに関しては,明らかに入場制限5000人程度というのは,まゆつばであっただろう,と感じずにはいられませんでした。もしかしたら,2~3万人程度は入場しているのではないか? 入場制限5000人程度の混み具合はどれほどだろうか,という当初の想像よりは,明らかに混雑していました。

ディズニーランド&シー自体は,ちゃんと楽しめたのですが,いまだ東京では緊急事態宣言が出ている状況でのこの混雑は想定外でした。

おそらく,ずるずるとまん延防止等重点措置などの日程が延長されてしまい,解除を見込んで多めの入場チケットを販売しているのではないかとも感じます。そして来場者のほうも,これほどの混雑は想定していないものの,通勤や通学などと比較すれば,明らかに密は避けられていると感じているのかもしれません。

ただし,その,ある意味で慣れてしまっている状況が,気が緩んでしまっている状況が,直近の首都圏での感染確認者数増加につながっているような気がしてなりません。

私は十分に気晴らしを済ませましたし,自由業の身であるので,今後は改めて,不要不急の外出は避けようと考えます。

2回目のワクチン接種の日程がどうしても緊急事態宣言の最中になってしまうのが気がかりですが,ワクチン接種だけは仕方ないでしょうね。

« 東京五輪は,緊急事態宣言下での無観客開催が決定! | トップページ | 東京オリンピック本格スタート »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。