« 2021年末のレコード大賞どうなる??? | トップページ | レコード大賞ノミネート発表につき、改めて大賞を予想する »

2021年11月20日 (土)

レポートの書き方を復習する(形式編)

私自身は、先日無事に大学を卒業したばかりですが、通信課程在学生のみなさんにおかれましては10月科目試験(代替レポート)の結果発表があったようで、TLがその話題でにぎやかでした。

あの祭りに参加しないのは多少の寂しさを感じますが、一方、卒業してほかのことに重点を置けるようになったことを大切に思いたい自分もいます。

ところで、過去6年半の間で、20本以上、4000文字程度のレポートを執筆し、最終的には論文を書き上げたわけですけど、しばらく書かないとその段取りとかノウハウを忘れてしまいかねないので、たまに復習せねばならないな、とも思っています。とはいえ、結局のところ、自分が予備知識のないジャンルでは4000文字ものレポートをゼロから書き上げるのに約1か月もかかっている現実を考えると、新たにレポートを書いてみるということに関しては、すごくしり込みを感じてしまいます。

今回はとりあえず、レポートの書き方についてのレポートを書いてみたいと思います。厳密にはエッセイになりますが、今後、何かのきっかけで当ブログに到達した人の役に立てば幸いです。

レポートが書けない、っていう時に、意外と多くの人が「形式」について悩んでいるように思われます。

・タイトルが必要か
・見出しは必要か
・注釈は何をどう入れるか
・参考文献表は必要か
・文字数はどこまでカウントするか
・文字数はどこまで厳密か

大前提として、塾生ガイド2021のP.75~83くらいの「レポート作成・提出」の内容と、履修要綱2021のP.5~16くらいの「学習の手順」の内容を把握している必要があり、それで解決する部分もありますが、あいまいな部分もあります。
※当然ですが、あなたがもし他の年度の塾生ガイド、履修要綱を見ている場合、ページ数が変わっている場合があります。

・タイトルが必要か
ほとんどの科目ではタイトルまで必要ありません。ただし、レポートの書き出し1行目は、提出するレポートの科目名を書くことになっています。また、ごくまれに科目の課題に「タイトルとしてまとめなさい」「表題を明記してください」のように指示されている場合があり、これはすなわち、その科目ではタイトルが必要であると解釈できます。

・見出しは必要か
4000文字ものレポートを書く場合、おおよそ5つ程度の見出しは必要です。
はじめに(序論)
見出し1
見出し2
見出し3
おわりに(結論)

以上の5つです。私はおおよそ、序論と結論を500文字ずつ、その他3つの見出しごとに1000文字を書くようにしてました。
なお、上記の見出し1~3は、当然、それぞれの部分の内容を端的に表す一文となります。

・注釈は何をどう入れるか
私は、注釈には2種類あると考えています。文字通りの補足を書くためのものと、引用元を表すためのもの、です。大学のレポートの場合、引用元を表すほうの注釈を入れられるようになればいいと思います。
そして、「どう入れるか」については、これは大変です。上付き文字で番号を入れて脚注や文末注にしたり、括弧内に著者名と発行年を入れたりなど、さまざまな作法があります。どの論文レポートの書き方を見ても、これでずばり決定版というものはありません。各学問ジャンルごと、科目ごとに全部違う、と考えておいたほうが無難です。

・参考文献表は必要か
注釈の入れ方にも関わっています。実は、注釈が参考文献表を兼ねる場合があり、そのときは改めて参考文献表を入れる必要はないです。また、参考文献表を作っておき、その表を活用しながら引用注を入れていくという手法もあります。よって、注釈の書き方同様、学ぼうとする科目の学問業界の作法を調べておいてまねたほうがよいです。

・文字数はどこまでカウントするか
基本的には、文字数は本文のみカウントします。ワープロ(テキスト入力編集パソコンソフト、アプリ)を使えば、文字数カウントはたやすいです。なお、手書きの場合は無理に数える必要はなく、おおよそ4000文字は、20文字×200行、すなわち手書き用レポート用紙(1枚表裏で800文字)5枚目に到達すればOK、くらいの気持ちでいいと思います。
なお、ごくまれに注釈までを文字数に含める科目があります。その場合はレポート課題もしくは履修要綱に明記されますので指示に従ってください。

・文字数はどこまで厳密か
上にもちらと書きましたが、4000文字にぴったり合わせるのは神業です。とりあえずまとまったときにおおよそ1割程度の増減はおとがめないです。科目によっては添削によってもっと文字数が膨らみますし、ちゃんとまとまっているならあまり神経質にならなくてもいいところです。
ごくまれに多すぎる、少なすぎることにより再提出を求められるケースがあるようですが、繰り返しますがちゃんとまとまったと思えるものが出来上がったなら、文字数に神経質になる必要はありません。

なお、けっこう多くの人が「レポートの現物を見たい」というふうに考えるようですが、通学課程で同期の仲間とわいわいやるならまだしも、通信課程においてはその単位取得手順の都合から基本御法度です。ですが、お勧めされているレポートの書き方の本には、サンプルレポートが掲載されているのでそちらを見ればよいとも思っています。

河野哲也、『レポート・論文の書き方入門 第4版』、慶應義塾大学出版会、2018年
p.98~104が見本レポートになってます。

慶應義塾大学日吉キャンパス学習相談員、『学生による学生のためのダメレポート脱出法』、慶應義塾大学出版会、2018年
p.131~148に、ダメなレポートとそれを直してマシになったレポートの例が2つ紹介されてます。

戸田山和久、『新版 論文の教室』、NHK出版、2012年
こちら、西洋哲学史Ⅱの履修要綱の中でおすすめされているレポート論文書き方本ですが、こちらのp.21~23にヘタ夫くんのダメな例、p.265~273が、ヘタ夫くんが1冊分の指導をもとに書き直してマシになった例が掲載されてます。

現段階で思いついたものとしては、以上です。

« 2021年末のレコード大賞どうなる??? | トップページ | レコード大賞ノミネート発表につき、改めて大賞を予想する »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。