« 明日、クレカやスマホやPCが突然使えなくなったらどうなるか | トップページ | 大地震、のち電力不足 »

2022年3月16日 (水)

まん延防止等重点措置が解除されそうです(一部はまだ検討中)

いよいよ、首都圏を含む各地で、まん延防止等重点措置が解除されるようです。

いまのところ大阪府のみ、ギリギリのところでせめぎあっている状況ですが、病床使用率および、大阪府の独自アラートを見る限り、大阪府のみが、まん延防止等重点措置を延長する可能性はかなり高いのではないか、と思います(13:20現在)。

ここ数日、たしかに感染確認者数は減ってますが、その減少幅は思うほど広がらず、2021年の10月~12月にかけての「不思議なくらい感染者数が減少した」あの状況を再現するには、いましばらく時間がかかりそうです。

ならば、なぜまん延防止等重点措置が解除できるのか、といえば、次のような状況が総合的に勘案されたからだと思われます。

・新型コロナのワクチン接種率が、特に2回目接種を済ませた人がほぼ8割に到達した。これにより重症化を起こす人が減った。
 (なお、3回目を済ませた人も65歳以上で7割、全体で3割を突破)
・新型コロナが変異して、かかりやすくなったが、一方で重症化率も低くなったことがデータで示された。
・直近は感染者数が爆発したためそれに比例して重症者数入院者数が増えたが、各自治体の受け入れ態勢が整い、病床使用率が下がった。
・新しい解除基準は医療ひっ迫度を重視しており、そのひっ迫度合いが低いので、まん延防止等重点措置を延長しなくてもよいという判断になった。

以上。

今回は結果的に、緊急事態宣言には至らず、まん延防止等重点措置を続けただけでなんとか新型コロナの流行を乗り切ったというのは、朗報かもしれません。

ただ、新型コロナの知見が蓄えられて、そろそろあまり気にせずに、経済を回すほうが重要、という判断になったのかもしれません。

ここで気を付けなければいけないのは、どう考えても病気自体にはかからないほうがいい、ということです。

したがって、まん延防止等重点措置は解除されても、それはこれまで制限を受けてきた、特に飲食店が、普通に営業できるようになるという意味でしかないということです。

個人としては、必要な予防措置を続けるほうが身のためでしょう。なにせ、全国でいまだに3万人以上の感染が確認されてます。

ただし、必要な予防措置のうち、1つだけ早くやめたいものがあります。マスク着用です。

三密の環境では、マスクは必要でしょう。公共交通機関、特に満員電車の中とか、来客が集中するイベントや商業施設でのマスクは必要でしょう。

しかし、それ以外の場所、屋外で、十分に他人と距離がとれる環境では、ノーマスクでもいいのではないか? 現段階でそれを主張するとまだ、後ろ指をさされる状況です。臨機応変に、マスクが必要な場所ではする、不要な場所でマスクをしなくても後ろ指をささない、これができるようになれば、やっと日常を回復できた、と言えるようになるのかな、と感じます。

まぁ、公共交通、商業施設など、人が多いところでは、今しばらく、マスクが必要なことは理解して、マスク着用することにしますけどね。

« 明日、クレカやスマホやPCが突然使えなくなったらどうなるか | トップページ | 大地震、のち電力不足 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。