« 大谷選手やダルビッシュ選手が来年春のWBCに出られるかどうかはまた不明 | トップページ | TOEIC Bridge LR受験の件、およびFP継続教育単位獲得によりCFP資格更新の件 »

2022年9月 4日 (日)

Adoさんチャート席巻について思うこと

ワンピース映画の歌姫としてAdoさんが歌唱のみで参加し、その劇中歌がチャートを席巻しています。

現段階の最新チャート(2022/08/31発表)でも、トップ10に5曲も入ってます。

そのような社会現象ともいえる状況を分析した記事も出ていたりします。

その記事も読んだうえで、私もいろいろ思うところあり、つぶやいたり、そのつぶやきに補足したりしてみます。

東洋経済の記事は、Adoさんべた褒めでした。デビュー直後の松田聖子さんにも匹敵する、歌唱テクニックを野球に例えるなら「声のダルビッシュ」、埋蔵量って言葉をどう使っているのか不明ですが、その底知れぬ実力のことだとするならば岩崎宏美、吉田美和(ドリカム)、島津亜矢にも比肩するであろう、という具合です。

東洋経済の記事の著者はほぼ私と同世代であり、彼も「覆面シンガー」としてのAdoは正直に色眼鏡で見ていたと述べており、私はその部分に共感しており、そしてまだその色眼鏡は外せていないです。やはり一度はライブで見ないといけないと思いますし、せめてテレビで実際の歌唱をみてみたいです。

当初メジャーデビューしたころは、本当にネットでのみのやりとりで楽曲を完成させていたようですが、さすがに大型タイアップとなるとそうもいかないはずです。そして、どこかでAdoのライブを見た人がいて、本当にすごい、彼女を使って本人も周りも盛り上げたい、みたいな協力者が増えないとタイアップってのは成り立たないはずです。

私自身は、自分ではなんとなく納得いかないけれど、ブームや流行など周りの現象を観察して、なるほど世間では評価されるのか、という具合に社会現象として認める、というようなことをします。Adoさんも現段階ではそのような感じで受け入れています。たしかに彼女の歌唱は耳になじみつつあります。

ただ、一方では同様にネット発の流行であろう、米津玄師さん、YOASOBIの幾田りらさん、yamaさんなど、yamaさんに関しては画面通りの覆面ですけどメディア露出テレビ出演している人たちのほうが、もっと親近感が高くなってしまうのも現実です。

Adoさんが現在のような活動のままで今後も続けるのか、それとも定期的に行うライブによって多少の心境の変化が起こり、多少のメディア露出を行うようになるか。今後の活動に注目したいと思います。

« 大谷選手やダルビッシュ選手が来年春のWBCに出られるかどうかはまた不明 | トップページ | TOEIC Bridge LR受験の件、およびFP継続教育単位獲得によりCFP資格更新の件 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。