« Adoさんチャート席巻について思うこと | トップページ | 安倍晋三元首相の国葬儀について思ったこと »

2022年9月20日 (火)

TOEIC Bridge LR受験の件、およびFP継続教育単位獲得によりCFP資格更新の件

前回のブログ更新以降、英国のエリザベス女王の死去などがあり、改めて国葬とはなんぞやみたいな話題が盛り上がったようです。ただ、安倍元首相のそれは、海外からの要人に来日していただくがために警備など政府の予算を使うものの、実際には「偲ぶ会」「お別れの会」程度のものであろうと考えられ(本来の葬式は終わってます)、その程度のものであるならば別にわーぎゃー騒ぐ必要もないのになと思っています。

そのような小難しい話はこの程度にしておいて、ブログがご無沙汰してしまっているので、主にその間にあった私の近況をメインに簡単にまとめておこうと思います。

2022年は1月の英検5級4級合格から始まり、その後3級、準2級、2級を受験し無事合格、さらに欲をかいて準1級、1級に挑戦するもあえなく玉砕しました。そこからさらに、TOEIC Bridge SW、TOEIC LRへのチャレンジをし、先日は改めてTOEIC Bridge LRの受験もしてきました。なお、TOEIC Bridge LRの結果は、10月14日ごろに郵送される予定になってます。

次は、いよいよTOEIC SWかな、という状況ですが、年内には確実に受験しますがいつ受けようかはまだ悩んでます。どちらかというと英検対策のほうがしやすいのと、年初より英語漬け、厳密には英語試験漬けとなっていて、ここ最近、英語に身が入らない状況が続いています。

もっと時間を取って対策しないと英語は身につかないと思いつつ、だからといって時間を取っても自分がどこまでのレベルに到達できるのかがちょっと見えない状況になっていて、どれくらいのペースで勉強しようか悩み始めています。

ともあれ、現状の到達点を確認するという意味では、事前の準備は実は必要なく、結果を見てからそれを上回るにはどうするべきか考えるほうが重要かもしれないと思っているところです。なので、まずは結果を残すことにしようとは思っています。

英語だけやってるわけでもありません。CFP資格を維持している以上、FP継続教育の履修も必要です。

わたしとしては、従来はFPフェアへの参加をメインにしてましたが、2019年ごろのエデュケーショナルセッションがあまりにも混雑して不快だったのでFPフェアへの参加を見直そうと思ってました。

※当時のブログ記事が残ってました。「今後のFPフェアへの参加を再検討します(2019年10月22日 (火))」

そこにやってきたのが2020年の新型コロナのパンデミックでした。当時はFPフェアの開催も中止され、ほかの方法で継続教育単位を履修せねばなりませんでした。いちばん手軽だったのがFPジャーナル掲載の継続教育テストであり、そちらを解答採点することで継続教育単位を獲得していました。

そのような状況が3年目となり、感染対策を施してFPフェアの研修も再開されているものの、私としてはできうる限り、遠出の外出を避けることを優先してました。結果、今回の継続教育履修期間に関しては、30単位分のすべてを、FPジャーナルの継続教育テストのみで済ませることになってしまいました。これで、あと2年、CFP認定者を続けることができます。

さて、では来年以降はどうしようか、という点ですが、上記のつぶやきのとおり、たまたま新型コロナのパンデミックがあったおかげで、集合研修から半場強制的に切り離され、改めて恋しくなってきたというのが正直なところです。東京以外の、宿泊が必要そうな遠方で行われるFPフェアに、周辺観光を兼ねて出かけてみるのもいいかな、と考えています。もちろん、新型コロナの感染対策がどれくらい緩和されるのかにもよります。ぼちぼち自由に移動するのは問題ないことになるとは思いますが、マスクが必要な場所が少なくならないとやっぱり面倒に感じます。

以上、近況を主に報告しましたが、今後も、英語の試験と、CFPとしての最新の知識を吸収するためのFP継続教育は、続けていきたいと思っています。

« Adoさんチャート席巻について思うこと | トップページ | 安倍晋三元首相の国葬儀について思ったこと »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。