カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の769件の投稿

2017年10月11日 (水)

履修計画:夏スク結果発表、週末の試験を控えての雑感

大学の成績発表は、いつもWebで夜中ゼロ時に更新されます。昨晩の10月11日ゼロ時は、夏季スクーリングの成績が発表されました。

無事に、2単位獲得しました。

一安心して、今週末の科目試験の準備に専念できそうです。そして科目試験の手ごたえによって、今後の科目履修の方針を改めて検討したいところです。

続きを読む "履修計画:夏スク結果発表、週末の試験を控えての雑感" »

2017年10月 2日 (月)

履修計画:下半期を迎えるにあたっての今後の方針

暦は10月を迎えてしまいました。

巷では、71期生秋季入学のみなさんの合格報告がちらちら流れてきます。

私はと言いますと、いよいよ69期生春季学士入学者としての、最短在籍年数である2年6か月を突破します。

今後、どれくらいのペースで単位が獲得できるでしょうか?

そんな見通しも踏まえて、履修方針について改めて考えてみます。

ただ、いまいち時間がないので簡略版です。

続きを読む "履修計画:下半期を迎えるにあたっての今後の方針" »

2017年9月 2日 (土)

履修計画:10月試験に向けての今後の予定

先日は少々弱気だった新規レポート提出ですが、なんとか8月中に書き終えて提出できました。

そして実は、8月25日には7月試験の結果が発表されており、ついに専門科目テキスト履修の久しぶりの単位積み上げが実現しました。

以上を踏まえたうえで、今後の予定について改めて考えてみます。

続きを読む "履修計画:10月試験に向けての今後の予定" »

2017年8月20日 (日)

履修計画:私の2017年度夏スクは終了しました

慶應通信を始めて3年目の夏スクでした。

今年は夏スクへの参加をⅡ期のみにとどめ、前後の2週間でテキストレポートを進めたい、という野望を持っていました。

少なくとも、前の1週間で多少の資料集めを進めたのですが、今後の1週間でちゃんとレポートを1科目以上書き上げられるかは微妙です(>_<)

続きを読む "履修計画:私の2017年度夏スクは終了しました" »

2017年8月 8日 (火)

【2016年4月まで】秋季募集開始直前のタイミングで慶應通信入試倍率を調べてみました

ただいま、慶應通信の夏季スクーリング真っ只中ですが、早くも2017年度秋季願書受付がスタートする時期でもあります。

たぶん願書提出の準備に取り掛かっている人もいるかと思います。そして、通信課程なのだから、入学は簡単、と思っている人も多いでしょう。実際にどんな状況なのでしょうか?

そこで、毎年恒例、図書館で調べられる資料を元に、慶應義塾大学通信教育課程の入試倍率を調べてみました。今年も、最新の『慶應義塾年鑑平成27年(2015)版』の情報を追加してみました。

続きを読む "【2016年4月まで】秋季募集開始直前のタイミングで慶應通信入試倍率を調べてみました" »

2017年8月 5日 (土)

履修計画:いよいよ夏スクスタート

いよいよ、暑い夏、スクーリングの夏がやってまいります。

私としては、鬼門の夏、でもあります。なので今回は少し弱気に、受講科目を1科目に絞りました。

続きを読む "履修計画:いよいよ夏スクスタート" »

2017年7月27日 (木)

ポケモンGOがスタート1年以上過ぎました

↓少々古いツイートになりますが。

(厳密には、青年の像でした。)

いまだに、1ポケモンゲット、1ポケストップクルクルを日課とし、1週間連続ボーナスを最低目標として毎日頑張ってます。近所にポケストップがあるため、最短1日10分でノルマ達成です。

続きを読む "ポケモンGOがスタート1年以上過ぎました" »

2017年7月20日 (木)

論文・レポートの書き方を血肉にするための1冊

冷静に考えると実は、私は現段階で、通信課程のテキスト科目向けのレポートを、7科目分10本(2本執筆が必要な科目が1つあり。再提出2本)しか書いてません(英語科目はカウントせず)。

在学2年4か月であることを考えると、約2.8か月ごとに1本程度しか、レポートを書いていないことになります。
もちろん、夏には日中スクーリングが、秋冬には夜間スクーリングが、そして3か月に1回の割合でやってくる定期科目試験があり、それぞれの対策を行わなければならない事情もあります。

とはいえ、遅いです。あと9科目はテキスト科目を履修せねばならず、さらにたまった再レポート2本を加えると、最低でもあと11回のレポート提出が必要です。単純に掛け算すると、

  11本 × 2.8ヵ月 = 30.8ヵ月 

つまりさらに2年半の執筆期間が必要です。

続きを読む "論文・レポートの書き方を血肉にするための1冊" »

2017年7月12日 (水)

Twitterは自由につぶやけるツールに回帰する

Twitterの利用方法が大きく変わりそうな仕様変更が起こっています。

この、通知の設定を工夫することによって、本人が炎上を気にせず、気軽にツイートできるようになることが期待できます。

これは、本来のTwitterの使い方、現場のことを思ったときに思った通りにつぶやく、という利用法に回帰するのではないか、と思われます。

続きを読む "Twitterは自由につぶやけるツールに回帰する" »

2017年7月 3日 (月)

履修計画:7月試験が終わった段階での今後の予定

梅雨はどこに行った? という雰囲気の天気でした。

3か月サイクルの恒例。通信課程の科目試験が、この土日に行われました。

それを踏まえて、今後の予定について改めて考えてみます。

続きを読む "履修計画:7月試験が終わった段階での今後の予定" »

より以前の記事一覧

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。