カテゴリー「FPよもやま話:そのほかいろいろ」の316件の投稿

2018年11月 3日 (土)

クレジットカード、デビットカードの事情がいろいろ変わっていた件

このブログでは何度か取り上げているとおり、私はアメックスカードの大ファンです。

ファンが高じて、今現在はプラチナカードを契約しています。いよいよプラチナカード保有歴12年目に突入しました。

その、アメックスが最近になって、サービス改良を進めています。最も注目すべきは、カードのメタル化です。

そのほか、クレジットカードに関して、最近いろいろと事情が変化しているようです。

大雑把には、ラグジュアリーカードが地味に浸透、デビットカードのシェア拡大、そしてクレカ本体によるタッチ決済(コンタクトレス決済)の台頭ですね。

続きを読む "クレジットカード、デビットカードの事情がいろいろ変わっていた件" »

2018年10月 9日 (火)

FPフェア2018東京無事にES受講を終えました

FP資格は、ファイナンシャル・プランニング技能士のように一度合格すると生涯有効なものと、AFP、CFPまたはFP技能士センター正会員のような、継続教育を受講することによって資格更新することが必要なものがあります。

私は、日本FP協会に所属するCFP資格保有者です。よって、FP協会認定の継続教育単位を獲得できる講義に定期的に参加する必要があるのです。

その、単位獲得のための一大イベントである、FPフェア2018が、10月7日~8日にかけて東京で行われました。

続きを読む "FPフェア2018東京無事にES受講を終えました" »

2018年8月25日 (土)

今後もフリーなポジションを維持します

当ブログは、FPである松本勝晴の個人ブログです。

FPとは、ここでは基本、ファイナンシャルプランナーの略です。

具体的には、顧客の家計部門の収支を確認し、将来の金銭的リスクをレクチャーし、リスク回避のアドバイスを行い、場合によっては実際に金融商品を販売するなど手当てをして、生涯なるべく金銭面での不安が少なくなることのお手伝いをする仕事です。

現在は通信制大学生としての学業を重視しており、一切の新規顧客の引き受けを停止しています。

また、実際にはビジネスモデルの見直しも必要な状況です。

つまり、意識的に、いわゆるFPビジネスから距離を置いているのが、正直な現状です。

そんな期間が長くなってきて、FPに関してもっといろんな意味があってもいいのではないかと思うようになってきました。

続きを読む "今後もフリーなポジションを維持します" »

2018年6月 4日 (月)

FPフェア参加のために初めて札幌まで行ってきました

今年より、FPフェアは地方開催と東京開催の事実上2本立てになりました。

その、地方開催のスタートとして、FPフェア札幌が行われましたので、せっかくなので参加してみました。

自分としては、FP継続教育単位の獲得が主な目的でした。

もちろん、FPフェアを口実にいろいろなところに出かけるという、多少は観光の面もあります。

今回のこの旅について、ツイートとしたものを中心にブログに残しておきたいと思います。

続きを読む "FPフェア参加のために初めて札幌まで行ってきました" »

2018年4月 9日 (月)

「これでわかったNISA(少額投資非課税制度)のすべて」の出版社ホームページがリニューアルしました!

2014年、NISAスタート時にいち早く出版しました、上記書籍の出版社、トータルEメディア出版のホームページがリニューアルしました。

書籍の案内はこちらからどうぞ↓

トータルEメディア出版ホームページ

続きを読む "「これでわかったNISA(少額投資非課税制度)のすべて」の出版社ホームページがリニューアルしました!" »

2017年10月31日 (火)

FPフェア2017東京にて継続教育を受講してきました

2017年10月28日~29日の2日間、FPフェアが開催されました。

私は、過去10年以上、FPフェアにて毎回、継続教育単位をできるだけ獲得するべく、参加しています。

今回も、継続教育単位を9単位分(基調講演、特別講演、ES4つ)を受講しました。

CFP認定者の場合は、その資格更新のために、2年間で30単位(30時間分の講義受講とほぼ同義)もの単位が必要であり、これを確実にクリアするのはけっこう大変です。

続きを読む "FPフェア2017東京にて継続教育を受講してきました" »

2016年7月19日 (火)

FPフェア2016大阪の申込スタートも今年からアーリーバードなし

早く申し込むメリットが、今年からなくなったようです。

去年を振り返ったら、去年はアーリーバードで申し込みを済ませていたのですよね。

続きを読む "FPフェア2016大阪の申込スタートも今年からアーリーバードなし" »

2016年2月16日 (火)

毎度おなじみ確定申告

確定申告シーズンが、今年もやってまいりました。

個人事業のみなさんは当然ですが、年収2000万円以上のサラリーマンや、年末調整では戻ってこない追加の還付がほしい人など、さまざまな人たちが確定申告することになりますね。

続きを読む "毎度おなじみ確定申告" »

2015年10月 7日 (水)

今年のFPフェアはなんと「接客」が一味違いました

2015年10月3日~4日、東京国際フォーラムにて、FPフェア2015が行われました。

ちなみに、毎年、真っ先にガイドブックの最終ページを見て、来年の予定を確認するようにしています。

今年は自宅から通えましたが、来年は宿泊込みでの参加になりそうです。

もっとも、通信学生としてのスケジュールも気になるところです。科目試験が重なったらどうしようかと悩んでしまいます。本当に日程が重なったら、たまたま会場が同じ場所なのでフェアと科目試験をハシゴする、なんてことをするかもしれません。

ところで、今年のFPフェアは、スタッフの受講生への対応など、とても感心した部分があったので、まずそれについて書きたいと思います。

続きを読む "今年のFPフェアはなんと「接客」が一味違いました" »

2015年9月 4日 (金)

5年ぶりの国勢調査はオンライン回答が可能に、を飛び越え推進に

今年は、5年に1回行われる、国勢調査の年だそうです。

前回までは、毎回、けっこう分量のあるアンケートを、家族分まとめて(おもに世帯主がですが)手で書いてました。

今年の国勢調査は一味違います。もっとも、私自身、今年が国勢調査年だと失念してましたし、一般的にもそれほど広報されてないというか、SNSなどであまり話題になっていなかったようにも感じます。

総務省統計局:国勢調査2015キャンペーンサイト

どうも、なるべく多くの回答をオンライン経由で受け付けたい、ということのようです。オンライン回答が可能、なだけでなく、推進、いわば推奨しているとのことです。

続きを読む "5年ぶりの国勢調査はオンライン回答が可能に、を飛び越え推進に" »

より以前の記事一覧

旬な書籍など

当ブログの注意事項

  • ブログ記事に関して
    当ブログの内容は、執筆者である松本勝晴のこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積により、あくまで一個人の見解、私見、ポジショントークを表しています。記事をご覧になるみなさまのこれまでの生活、経験、情報入手の蓄積によっては不愉快な思いをされる場合があります。ご注意願います。
  • 自己責任のお願い
    当ブログでは、金融資産運用、保険などリスク管理、社会保障、税制に関する話題において、その実践結果の報告や、将来の展望に関するコメントなど情報の提供を行います。しかし、その情報は将来の結果を約束するものではありませんし、ご覧になるすべてのみなさまに等しくお勧めしているわけでもありません。特に金融商品の売買に関してはさまざまな事情により元本割れを起こす可能性がある点についてご留意願います。
  • 常に最新情報をご確認ください
    当ブログの記事の内容は、原則として各記事フッター部に掲載の執筆年月日時点のものであり、実際にご覧いただく時点では、制度変更などにより事実と内容が異なることや、解釈が異なる場合があります。当ブログだけを当てにせず、最新の情報をご確認ください。
  • 免責について
    当ブログ内の情報の利用、およびリンクされている第三者のサイトの閲覧やサービスの利用、各種判断については、読者のみなさまの責任においてなされるものであり、行った行為によって生じた一切の損害について、当ブログ執筆者および関係者は責任を負うものではありません。
  • トラックバック、コメントに関して
    当ブログでは、トラックバックおよびコメントの受け付けは一部ページのみで行っています。レスポンスはTwitter経由でお願いいたします。
  • 引用は適切に! 無断転載お断り!
    当ブログを引用する場合は適切に行ってください。無許可による全文の機械的な転載もしくはそれに相当する行為を発見した場合は、松本もしくは松本が正式に依頼した代理人より連絡のうえで、当方既定の原稿執筆料を請求させていただきます。
  • アフィリエイトプログラム
    松本勝晴は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • 商標に関する説明
    CFP®は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標で、FPSBとのライセンス契約の下に、 日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。